大魔王の水槽

この水槽はデイトレードで勝利し手にした資金で運営されているヌゥ

水槽立上げから1週間が経過したヌゥ

suisou2019-5-6-1
こんな感じで目当てのサンゴを見つけたら水槽用ボンドで岩にくっつけて植えているヌゥ
サンゴは常に全種類が市場に流通しているわけじゃなく、時期によってほぼランダムに入荷している感じヌゥ
今回は指先サイズのサンゴを揃えて成長を楽しむヌゥ
一通り揃ったら紹介するヌゥ

ところでみんなはサンゴがどんな生物か知っているかヌゥ?
たぶん知らない人が多いと思うヌゥ。植物なのか動物なのかも一般的には知られていない気がするヌゥ。

02_org
サンゴにも色々あるけど今回は浅場の海に生息しているSPSという種類について説明するヌゥ。
俗に言う石系サンゴだヌゥ。
見た目通り触ると硬いヌゥ。

サンゴをもっと拡大してみると
coral-polyp-reefs

こんな感じでモジャモジャした何かが出ているヌゥ。
こいつがサンゴの正体だヌゥ。ひとつひとつが一個体の生物で、このポリプ呼ばれる触手状の生物が海水中のカルシウム(Ca-2)と重炭酸塩(HCO3-2)を取り込んで炭酸カルシウム(CaCO3)のマンションを作って集団生活しているのがサンゴなんだヌゥ。

ポリプが1つでもついていれば、枝をポキっと折って適当なとこに置いておくと活着して再び骨格の形成をはじめるヌゥ。
でも完全に独立した生物というわけでもなく、骨格を共肉と言われるもので覆っていて、それを媒体にして栄養素を共有しているヌゥ。

そしてサンゴはこの共肉の中で褐虫藻と言われる植物を飼育していて、光合成で栄養を生産しているヌゥ。光合成だけでなく水中の有機物も捕食するヌゥ。

光のよくあたる環境やリンや窒素の多い水質海だと光合成をメインに栄養補給していて、
逆にそれらの少ない水質の海だと水中の有機物をメインに捕食している場合が多いと言われているヌゥ。


51930091_348928899078563_3647818427696198846_n

凄い色をしているヌゥ。
サンゴは地上では見ないような発色をしている個体がたくさんあるヌゥ。
なぜこんな発色をしているのかというと光合成を効率よく行うためと考えられているヌゥ。
海に潜ってみればわかるけど、2mも潜れば青の世界だヌゥ。
水中に入ると太陽光の赤や黄色、緑の波長はどんどん減退して、5mくらい潜ると届くのは青・紫系の波長の光ばかりになるヌゥ。
でも光合成に必要なのは青や紫の波長だけではないヌゥ。
そこで蛍光タンパクと呼ばれる物質を合成して青の波長を緑や赤の光に変換して光合成の効率を高めていると言われているヌゥ。

逆に浅場の海には赤や黄色の波長の光もよく届くから、光合成効率を高めるために不要な波長を反射してカットしている個体もいるヌゥ。

944

赤や黄色のサンゴがあるヌゥ。
モノが赤く見えるのは、紫、青、緑、黄、赤~の波長の中で赤の波長だけを反射しているからだヌゥ。
赤い色をしたサンゴは、赤波長を必要としない光合成色素を保有しているからそういう色になったと考えられているヌゥ。不要な波長を反射して光合成効率を高めているヌゥ。



1c6dbfd1

サンゴの飼育技術は海外の方が高くて、こんな凄い発色の水槽を維持している人がたくさんいるヌゥ。ただ水槽で飼育しているだけじゃこうはならないヌゥ。大事なのは水質で
リンや窒素が少なく、サンゴが色素や蛍光タンパクを合成するためのミネラルが適切な量だけ含まれた海水を維持する必要があるヌゥ。
水中のミネラルはサンゴがどんどん消費していくから添加剤で足す必要がるヌゥ。

例えばピンク系の色素はヨウ素、赤系の色素はカリウム、青系はバナジウム、緑は鉄やモリブデンみたいに色素ごとに要求する元素が違うから
水槽に入ってるサンゴの種類によって必要な元素添加量は変わってくるヌゥ。
だから飼育者は自分の水槽でどの元素がどんだけのスピードで消費されているかを測定して把握しなくてはいけないヌゥ。
消費だけでなく水槽内での化学変化で水質はどんどん変わっていくヌゥ。
海水アクアリウムは化学をしっかり勉強していた人が有利だと思うヌゥ。

って書くと難しそうだけど、慣れれば感覚でいけるヌゥ。ワシは感覚で水質管理してるヌゥww


ノシ

キイロハギ
suisou430-1


トミニエンシスタン
suisou430-2

両方ともハギだヌゥ
魚って定位置にじっとしてる系と、ずっと泳ぎ回ってる系に分かれるのだけど
ハギは常に水槽内を泳ぎ回ってるから目立つし映えるヌゥ
この水槽のサイズでハギ混泳は小さいうちから一緒にしておかないと喧嘩する可能性が高いので
両方とも子供サイズ
水槽内のバクテリアに不安を感じたのでZeobakとbioDigestを大量投入しといたヌゥ

バクテリアが繁殖しないと水は濾過されないから魚は増やせないけど
魚がいないとバクテリアは繁殖しないという関係にあるので
ゆっくり様子見ながら追加していくヌゥ
トミニエンシスタンは若干白点病が出てるから心配

この水槽のメインはサンゴだけど
魚もいっぱいいる予定

ミドリイシ系のサンゴを飼育するなら魚少なめ、餌少なめってのが教科書的な飼育方法だけど
あれは間違ってると思うヌゥ
魚いっぱいいれて冷凍シュリンプもいっぱい入れる予定
そのほうがサンゴの成長も色も良くなる

魚少なめ、餌少なめが良いってのは硝酸塩、リン酸を出さないためにだと思うけど
今はBPシステムがあるから簡単に硝酸塩とリン酸消せるし
魚いっぱい餌大量のほうが水中の有機物含有量が増えて
サンゴがそれを捕食するから肉厚になって色も良くなって成長も早いというのが経験則だヌゥ

サンゴも結構追加してるけどそれはまた後日書くヌゥ
ノシ

水槽立上げから12時間ほど経過して水温も上がってきたので
水槽に生命を投入することにしたヌゥ

まだたくさんは入れることはできないヌゥ
水槽内のバクテリアが少ないからだヌゥ(立上げ直後に元としてzeobak投入済み)

生物を入れると当然のことながら排泄物を出すヌゥ
これはアンモニアになるので、生物にとっては毒なのだヌゥ

これをアンモニア→亜硝酸→硝酸塩と無害なものに分解していくのがバクテリアだヌゥ
だからバクテリアが繁殖しないうちに水槽に大量の生物を入れるとアンモニアで全滅するんだヌゥ

ちなみにサンゴ飼育になるとさらにハードルが上がって硝酸塩やそれと一緒に出てくるリン酸も除去しなければいけないヌゥ
魚よりサンゴのほうがずっと難しいんだヌゥ

というわけで最初は魚ではなく水を汚しにくい無脊椎動物から

suisou429-2

シラヒゲウニちゃんだぬぅ~!
ワシ的にウニは海水アクアリウムの世界だと最強のコケ取り生物だヌゥ
水槽内のコケを食い尽くしてくれるヌゥ
ウニは裏側に口がついてて、口でライブロックや水槽面をガリガリやってコケを食べるヌゥ
傷がつきやすいアクリル水槽だとウニを入れると水槽が傷だらけになっちゃうけど今回はガラス水槽だから気にせず入れることができるヌゥ


サンゴも少々入れたヌゥ
suisou429-3
suisou429-4

マメスナのフラグだヌゥ。フラグってのはショップが水槽内で養殖して販売してるようなやつだヌゥ。
まだとりあえず入れただけなので置物感がすごいけど
これが成長していくとライブロックを覆うように範囲を拡大していくヌゥ
マメスナは浅場のミドリイシとは違って深場の環境を好むって言われてるけど
この前沖縄に行ったとき水深10cmも無いようなところにマメスナがたくさんいたヌゥ
水面から出てるやつもいたヌゥ
マメスナは浅場の環境でも全然大丈夫だヌゥ



suisou429-5

ショウガサンゴの蛍光グリーンのタイプ
オーストラリア産だヌゥ。
SPSに分類されるけどミドリイシよりは丈夫で飼いやすいヌゥ。

全景

suisou429-1

まだまだしょぼいヌゥ
あんまり最初からでかいサンゴを入れる気はなくて水槽内で育てて巨大化させるヌゥ
完成は2年後くらいになるヌゥ

ノシ

↑このページのトップヘ